公益社団法人 京都府看護協会

文字サイズ
標準 拡大

教育計画

平成30年度 新人看護職員研修事業「研修責任者研修」4日間コース

【研修責任者の定義】
施設及び看護部門の教育理念に基づき、看護部門の長の責任の下で、新人看護職員研修に関する企画・運営・実施・評価のすべての過程における責任者。
(出典:新人看護職員研修ガイドライン 改訂版 平成26年2月厚生労働省)
研修No 337
目的  研修責任者が、ガイドラインに示されている新人看護職員研修の実施に必要な能力を習得し、適切な研修体制を確保することを目指す。
 施設及び看護部門の教育理念に基づき、看護部門の長の責任の下で、新人看護職員研修に関する企画・運営・実施・評価のすべての過程における責任者。
研修目標
  1. 1.新人看護職員研修体制における研修責任者の役割を理解する。
  2. 2.施設における現状や課題を集約し、教育的視点より新人看護職員に対する研修計画や具体的な研修プログラム策定について理解し、実施できる。
  3. 3.研修の進捗状況管理と評価を行い、評価に基づいた研修計画およびプログラムの修正に必要な知識を習得する。
  4. 4.施設における新人看護職員臨床研修上の課題を明確にし、教育担当者、実地指導者の育成と支援ができる。
  5. 5.新人看護職員研修にかかわる看護職員のメンタルサポート体制を構築できる。
受講要件
  1. 1.研修責任者の役割にある者、又はその任に当たる予定の者
  2. 2.全日程を受講可能な者
受講料 6,480円(税込) ※会員・会員外共に
申込方法 京都府看護協会継続教育冊子参照 WEB申込または紙申込
申込期間 平成30年41日(日)〜47日(土)
定員 30名
修了証 原則 全日程を受講したものは「修了証」を発行する
研修会場 京都府看護協会研修センター
但し北部配信時は、京都府看護協会北部支援センターも同時使用

プログラム

開催日 開催
日数
内  容 備 考
5月21日(月)
10:00〜16:00
【北部配信】
1 ・新人看護職員研修ガイドラインの概要と考え方
 (含改訂に至る経緯とポイント)
・新人看護職員の現状
・看護基礎教育カリキュラムと看護学生の状況
教育担当者と合同講義
・新人看護職員研修の組織体制について
・新人看護職員研修企画と年間プログラムの実際
・新人看護職員研修の実施と評価
【グループ討議】
・自施設における新人看護職員研修における課題と解決策について
・実地指導者及び教育担当者の育成と支援
・成人教育の視点を踏まえた学習支援のあり方
・教育担当者養成研修の企画・運営
6月26日(火)
10:00〜16:00
【北部配信】
1 成人学習者の特徴と教育原理・教育方法と評価 教育担当者と合同講義
8月28日(火)
10:00〜16:00
1 「レジリエンス」を磨き指導に活かそう
レジリエンスとは、困難な状況に直面した時、へこたれずに次の一歩を踏み出す力
公開講座
10月26日(金)
10:00〜16:00
1 「新人看護職員研修の航海術」
〜新人研修を組織運営に役立てるための視点と工夫〜
公開講座
コンテンツここまで

お問い合わせサイトマップアクセス個人情報保護方針当サイトのご利用にあたって